アフィリエイトサイトに本人確認を必要とする動きは本当なのか?

アフィリエイトサイトに特定商標や個人情報を掲載している方はまだまだ少ないと思います。以前の情報ではGoogleの検索基準の中に「サイトの中に個人情報掲載がされている場合は検索に優位に影響する」というような噂?が流れました。

私的には情報を発信するということは責任を負うという側面がありますので、個人情報開示はやむを得ない面もあるかなと思っています。

ただ、副業でアフィリエイトサイトを運営していたり、個人の趣味でブログ運営などを行っている方の方がはるかに多いと思います。 そういった方々に個人情報を開示請求しても苦しいはずです。

GoogleはGoogle+というSNSを持っていますが、Facebookに随分押されています。アフィリエイトなどGoogle+に紐づけすることで検索上位もありうる傾向になれば、Google+を利用する人は爆発的に増えるはずです。

アメリカ政府の見解でありGoogleの見解ではない

現段階の情報によりますと本人確認は政府見解でありGoogleの見解ではないと表向きは否定しています。詳細記事はこちらです。

google

私的には政府が情報を管理しやすいようにするためには、サイトと個人情報を直結させるのが手っ取り早く監視下に置けます。

情報統制と管理はアメリカが得意とする分野ですので、今回の情報は布石を打っていると感じます。

アフィリエイトサイトなどを運営する場合、意図的にGoogle+にリンクさせて個人情報開示による検索結果への影響をテストしてみても面白いかも知れません。

ちなみにこのブログはGoogle+のリンクを貼っていますが、残念ながら一切影響がないようです。(笑

参考記事:PS4の「実名制が基本」案に反発

3月25日、ガジェット関連のニュースサイト『AV WATCH』の連載コーナー「西田宗千佳のRandomTracking」に、PS4のリード・システムアーキテクトを務めるマーク・サーニー氏とPS4の技術開発・ビジネス開発を統括するソニー・コンピュータエンタテインメントSVP兼第一事業部事業部長の伊藤雅康氏のインタビューが掲載された。

そのなかに、「PS4でのネットワーク・コミュニケーションは『実名制』が基本になる」という記述があり、サーニー氏は「ネットゲームなら匿名、という発想は『現在のパラダイム』でのことです。

『協力』の要素やソーシャルな関係を生かしたコミュニケーションをゲームに持ち込むのであれば、匿名でない方がいい」と発言しているのだ。yahooより引用


下記のバナーをクリックして頂けますとランキングに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ  

アフィリエイト商材の王道・ルレア(LUREA)

Facebook

2件のコメント

  • こんにちは。

    きのうは自分のブログで
    訪問者222人
    1217PVという最高値を記録しました。

    理由はよくわかりません。
    ブログ村でも、
    昨日の記事がバイナリーオプションのカテで
    現在3位になっているようです。

    ブログ村のランキングでサイトを見つけたら、
    次回からは直接ブログに行く場合が
    多いと思うので、ブログ村に登録している
    ブログの管理人の人たちのアクセスが、INとかOUTとかの
    数値に主に反映されているのかと思います。

    記事が面白いかは、読んでみないと分からないし、
    読んだ時点でカウントされるので、
    結局数字が増えるかどうかは、
    タイトルが注目を引くかどうかなんでしょうかね??
    本当に不思議です。
    内容の口コミとかがあれば、読もうという人も
    増えるでしょうが、それはなさそうですしね。。。

    • sophisiaさん

      素晴らしいですね。毎日コツコツ記事を書かれている結果でしょうね。羨ましくもあります。(笑

      アクセス解析を設置されていたら、そちらをご覧になると解明できます。

      私の場合は、Yahooの知恵袋や多くの読者を持つブロガーが消化してくれたりする場合がありました。

      >次回からは直接ブログに行く場合が多いと思うので、ブログ村に登録している

      こちらもアクセス解析で確認できます。これはブログ村のカテゴリーにもよりますが、ブックマークではなくブログ村からいつもアクセスしている方もかなりいましたよ。

      >タイトルが注目を引くかどうかなんでしょうかね??

      かなりあると思います。私が別で運営しているアジア経済に関してのブログですが、中国ネタのタイトルの時はアクセス数が伸びます。

      もちろん関心が多い方が多いので理解できますが、インパクトのあるタイトルで、タイトルの中に自分が表示させたいキーワードを織り交ぜると少しずつ変わった経験があります。

      ご参考までにアクセス解析です。

      忍者アクセス解析
      http://www.ninja.co.jp/analyze/

      グーグルアナリティクス
      http://www.google.co.jp/intl/ja/analytics/

      FC2アクセス解析
      http://analysis.fc2.com/