著作権に関するグーグルアドセンスポリシーを紹介します。

ネット上にコピーサイトは氾濫していますが、グーグルのロボットは日々変化していますので、コピーサイトなどの順位は上がらないようになってきています。

マーケティングの記事で、ウィキペディアの記事をコピーして頻繁に使っていたら、一気にアクセス数が減ったという報告も見たことがあります。

<スポンサードリンク>

グーグルが推奨するポリシーを常に意識

 
幸か不幸かネット上の検索順位はグーグルが握っていますので、グーグルが推奨する内容を無視すれば、アクセス数は減り収益も下がります。グーグルは決して無理難題を押し付けているわけではなく、オリジナルのコンテンツを常に作成しなさいと指示しています。
 

 
当たり前のことではあるのですが、ネット上のコンテンツを作成する際にどうしても他のサイトを参考にすることがあります。この時にコピーして使用すれば数分もあればコンテンツが完成してしまいます。

以前はコピーして簡単に出来上がったコンテンツの方がアクセス数があり、オリジナルコンテンツを提供しているサイト管理者が怒ってる記事を何度も目にしました。しかし今では上記に書きましたように、コピーサイトはほぼアクセス数が下がり収益を狙うことは不可能となりつつあります。
 
itbusiness 
ウェブサイトのコンテンツ作成は努力した者が報われるようになってきています。職歴や学歴関係なく、ウェブの知識やコンテンツ力を上げて文章化することが出来れば十分に数字が上がるようになってきました。

グローバル化によりサラリーマンや勤めをしている方の雇用は非常に不安定になっています。不安定な雇用情勢のまま働き続けるよりも、グーグルポリシーを学んで自分を養える力を身に付けるのが賢明でしょう。

<スポンサードリンク>

下記のバナーをクリックして頂けますとランキングに10ポイント加算されます。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ  

アフィリエイト商材の王道・ルレア(LUREA)

Facebook

2013年9月12日 著作権に関するグーグルアドセンスポリシーを紹介します。 はコメントを受け付けていません。 アドセンス・グーグル関係